2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

書籍・雑誌

2009年7月28日 (火)

出ましたねー

クラブレ新刊!!

買ってないけどね。

本屋でちょっと立ち読みしたら、ダイアナが少し出てただけで、ケリー&ジャスミンはバカンス中ということだったので、焦って買う必要もないと判断しました。

古本屋にあったら買ってみよう。

逆転のクレヴァス―クラッシュ・ブレイズ (C・NOVELSファンタジア) 逆転のクレヴァス―クラッシュ・ブレイズ (C・NOVELSファンタジア)

著者:茅田 砂胡
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2009年7月14日 (火)

ツイてる。

7月12日に狛江にて行われたオペラ『愛の妙薬』の公演に参加しました。

むっちゃ楽しかった!!

泉の森会館というところでやったのだけれど、会場がこじんまりしてて、とても素敵でしたheart01

オペラのイメージにぴったりだったしshine

ひさしぶりの歌だったので、とても緊張した豹子頭でしたが、周りに支えられてなんとか歌えましたhappy01

ほんとにたのしかったなー。

歌のお稽古を再開したいなー。

と思った豹子頭なのでした。

勉強会のため打ち上げには参加できず、むちゃくちゃ残念で、ほんと泣きそうでしたが、そんな私にちょっとした、いや、めちゃくちゃうれしい出来事がぁ!!

勉強会を終え、クタクタだったもんで日課となっている「B●OK O●F」チェックをせず、家路につこうとした豹子頭でしたが、もしかしたらもしかするかも!と思い、立ち寄りました。

ほんだら。

あったのす。

クラブレシリーズの『マルグリートの輪舞曲』typhoon

マルグリートの輪舞曲―クラッシュ・ブレイズ (C・NOVELSファンタジア) Book マルグリートの輪舞曲―クラッシュ・ブレイズ (C・NOVELSファンタジア)

著者:茅田 砂胡
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

半額で!

ジャスミンが活躍している巻でこれだけまだ持ってなかったのですよー。

ググりまくってたから、内容はほぼ知ってはいたのですが、やっぱり欲しくて><

でも金欠で瀕死状態なので新刊書店では買えなくて。。

状態があまりよくなかったので、しばらく待てば100円になったかもしれないけど、それやって一度先に買われちゃったことがあったですdown

というか、もう待てないしねthunder

というわけで、即購入。

そして一気に読了。

ジャスミンたら何ともかわいらしい理由で、今回は活躍してないけど、その分ケリーのジャスミンに対する愛の深さが感じられて素敵なお話でしたshine

ジャスミンが意図的に攫われたのを分かってるくせに、内心ちょっとあせってしまうケリーが良いlovely

というわけで、この回は珍しく怪物夫婦がラブラブなのでした。

大満足happy01

いい日だったなぁ~sun

このまま幸せな毎日が続きますようにheart

2009年6月28日 (日)

クラブレ新刊!!

『逆転のクレヴァス』というらしい。

ただいま予約受付中。

そして今回はリィが主役らしいです。

うーん。

クラブレの、というか暁天からのリィは好きなので、楽しみっちゃ楽しみなのですが、何せ、私はジャスミン&ケリーの大ファンなもんで。

特にジャスミン。

暁天からのリィが好きというのも、リィがジャスミンを好きだからです。

もうジャスミン最高。

ジャスミン&ケリーが活躍してたら買おうと思う。

いや、待てよ。。

ジャスミンとリィの組み合わせで大暴れってのもいいかも!

とにかくジャスミンが活躍してたら買おうっと!!

これは直前作です。

ケリー&ジャスミンが素敵。

何ならもっとラブラブしてもらって全然かまわないのですが。

海賊とウェディング・ベル―クラッシュ・ブレイズ (C・NOVELSファンタジア) Book 海賊とウェディング・ベル―クラッシュ・ブレイズ (C・NOVELSファンタジア)

著者:茅田 砂胡
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2009年6月22日 (月)

絶版

高倉健の絵本『南極のペンギン』中国語版は出版社品切れだそうです。いや、絶版て言ってたかな。

あとは書店に在庫が残っていれば、取り寄せ可能とのこと。

なので何ヶ月かかるかわからないと。

まぁそうなるわな。

急いではいないので、調べてもらうことにした。

ちなみに原書はコチラ↓

 南極のペンギン

南極のペンギン
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

2009年6月16日 (火)

1Q84

【重版予約】 1Q84 book 1 【重版予約】 1Q84 book 1

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【重版予約】 1Q84 book 2 【重版予約】 1Q84 book 2

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

読んでしまった。

予約数がすごいとあちこちのメディアで騒いでいたから気になってしまって。

そして地元の本屋にはむっちゃ平済みされてて。

ついBOOK1.2両方買っちゃった。そして一気読みしちゃった。

ドニゼッティの愛妙を聞きながら読んでたら、内部分裂しそうになり、速攻で愛妙を消した。

うーん、あれってやっぱり続くのかな。

あれで完結だったら、かなり消化不良。そして難解。

青豆は死んだのか??

恭子は?小松は?

そして天吾はヤバイ気がするのだけど、気のせいかな。

ふかえりは「生理がない」っていってたからあれは実体でなくドウタで、ドウタと交わった天吾がパシヴァになった。

リーダーが死んだことでリトルピープルが次のパシヴァを天吾に設定した。

こういうことだよね?

あれ?違うかな?私、読めてない??

まぁ、内容を理解しようとするのも無理がある感じだけど、とにかく夢中になって読んでしまった。

続きが出るならやっぱり読んじゃうんだろうな。

今回みたいな爆発的ヒットにはならなさそうだけど。

2009年4月 4日 (土)

ジャスミン大好き!!

海賊とウェディング・ベル―クラッシュ・ブレイズ (C・NOVELSファンタジア)

海賊とウェディング・ベル―クラッシュ・ブレイズ (C・NOVELSファンタジア)

著者:茅田 砂胡
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「クラッシュ・ブレイズ」シリーズの最新作!!

『スカーレットウィザード』ファンの私としては待ちに待った作品。

やっぱり、ジャスミンとケリー夫婦は最高です。

怪物夫婦とか、赤ゴジラ黒ゴジラとも言われるこの夫婦。

私としてはこの呼び方は好きじゃないんだよな。。

ジャスミンがド迫力で人間離れしてる大女は認めるけど、美女なのだよ??

どうもなぁ、特にゴジラはいただけない。。

まぁ、頭にリボンつけたゴジラが暴れてる姿を想像すると可愛くてたまらないのだけれども。

ジャスミン&ケリーのラブラブを大いに楽しみにして読んでいる身としては、大満足の作品。

そして、

これはもう、私の妄想なのだけれど、

ジャスミンをめぐる、いい男バトルがみたいのです。

ジャスミンが心を傾けかけて、ケリーがちょっと焦るようないい男。

現れないかな。。

コーエンの息子あたりが出てきてみたり、、

まぁ普通のハーレークインはありえないのだけれどもね。

次は誰が主役になるんだろう。

そろそろ長編が読みたくなってきたぞ。

2009年3月 4日 (水)

画皮

中国旅行から帰ってきて一ヶ月。

相変わらずDVDを買って帰ってきました(嬉)


山東省の水泊梁山に行った時に御世話になった候ちゃんやシャオチョアンに薦められた映画『画皮』を見てみました。

なんてったって、ジョウシュンとチェンクン(『小さな中国のお針子』コンビ)にヴィッキーチャオですよっ!!

それだけで興味津津るんるん

内容は妖怪が人間の男に恋をして、人間の皮をかぶって彼に近づくといったもの。

人間の皮を新鮮に保つためには人間の心臓を食わなくてはいけなくて。←ホラー映画なのです。

人間の皮をかぶった妖怪をジョウシュンが演じてます。

豹子頭はジョウシュンの大ファンなのでかなり贔屓目が入っているかもしれないけど、むっちゃ可愛いかった。

『女帝エンペラー』の純粋な彼女も可愛かったけど、今回は怪しい魅力たっぷりで役にぴったりでした。

ぴったりといえば、ジョウシュンに惚れられる男チェンクンも色男ではまり役。誠実で優しい所とかね。

(私は兄貴分役のドニーイエンのほうが好みだけれどもね。。)

そしてチェンクンの妻役のヴィッキーチャオも なかなか良かった。

ヴィッキーは元気で男勝りな役のイメージがあったけど(環珠格格とか、最近ではレッドクリフの孫尚香とか、、)『画皮』では夫を愛するがゆえに妖怪になることをもいとわない健気な妻を演じていました。

やっぱり実力派№1と言われるだけのことはあるなぁと感心。

実力派俳優をそろえてて、安心してみることができました。

ホラー映画とのことだけれど、日本人からしたらどうってことない。

どれくらい怖いかは『チャイニーズゴーストストーリー』みたいな感じかな。(←古いって?)

ところでこの「画皮」、中国の民間で伝わってきた鬼や化け物に関するお話を集めた、『聊斎志異』という怪異小説の中の一つなのだそう。

聊斎志異〈上〉 (岩波文庫) 聊斎志異〈上〉 (岩波文庫)

著者:蒲 松齢
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

聊斎志異〈下〉 (岩波文庫) 聊斎志異〈下〉 (岩波文庫)

著者:蒲 松齢
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する



というわけで、早速読んでみました。

見開きにしてわずか5ページ。

え、、これ?ってかんじ。

ある日の明け方、行き場に困った女(実は妖怪)を書斎にかくまった男が、心臓を食われ、そんな夫を生き返らせるために妻が乞食になった道士の吐き出した両手いっぱいの痰を飲み込み、葬式の時に吐き気を催した妻の口からその痰が飛び出して、それが光を放ったと思ったら夫の体内に入って心臓となり、生き返った。めでたしめでたし。。駄文失礼。

うーん。

き、気持ち悪いんですけど。。

あれですかね、なんか人間の体液とかを取り入れることでそれが清いものに変わるとかなんとか、汚物転換譚(豹子頭オリジナル)的な考え方があるんですかね。中国の古典小説には。

中国文学に詳しくないので、味わうには厳しいものがありました。

オベンキョ シマショネ

そんでもってこれを三角関係のラブストーリーにしたってわけですね。

日本での公開は決まってるのかな。。

チェンクンを日本で売り出そうとする動きがあるみたいなので、おそらく公開されるかとは思うけど。

あんまりヒットしそうにはない作品だな。

豹子頭は号泣したけどね。

2009年2月26日 (木)

翻訳のお勉強

しなきゃな。

3月22日には学校の試験があるのだ。

落ちることってやっぱあるのかな。

試験が怖い。

オチタラ ガクヒ マタ カカル コワイ

仕事を定期的に下さっていた出版社さんから連絡が来なくなっちゃったし。

まずいよね。

やばいよね。

あせるよね。

旅行に行ってる場合じゃなかったな。

リョコー コワイ オカネ カカル コワイ

金色夜叉 (新潮文庫) 金色夜叉 (新潮文庫)

著者:尾崎 紅葉
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そういや、最近尾崎紅葉の『金色夜叉』読んだのです。なぜかって、仲の良い友人二人と熱海に旅行に行ったからなんだけど、行きの列車の中で、何を勘違いしたか、『伊豆の踊り子』を読んじゃったんだよね。近いだけになんだか恥ずかしい。

金色夜叉、不思議な感じ。

なんだかお宮のあまりの後悔っぷりに違和感を覚えた。だって無理やり結婚させられたわけではあるまいよ?自分で選んだ結婚なのに、まるで結婚相手の富山にだまされたといわんばかり。富山に同情してしまった。自分の犯した間違いの重大さに押しつぶされそうだったのかも知れないけど、でも罪のない富山にあんな仕打ちはない。(富山の視点がもっと読んでみたかったな。)富山の財産食い尽くして、貫一とも密会してっていう悪女になれば話は別だけど、まるで自分が被害者のようなあの態度はずるい。そしてなんだか、作者自身もお宮に同情してるみたいな感じに違和感。

ずるい。ずるい。お宮殿ずるい。

でもね、最後のお静のせりふには納得。

―女の惚れるには、見惚れに、気惚れに、底惚れと、こう三様あって、見惚れというと、ちょいと見た所で惚込んでしまうので、これは十五、六の赤襟盛に在る事で、ただ奇麗事だりさえすればいいのですから、まるで酸いも甘いもあった者じゃないのです。それから、十七、八から廿そこそこの処は、少し解って来て、生意気になりますから、顔の好いのや、扮装の奇なのなんぞにはあまり迷いません。気惚れといって、様子が好いとか、気合が嬉しいとか、何とか、そんな処に目を着けるので御座いますね。ですけれど、まだまだ猶且浮気なので、この人も好いが、またあの人も万更でなかったりなんぞして、つまりおなかの中から惚れるというのじゃないのです。何でも廿三、四からにならなくては、心底から惚れるということはないそうで。それからが本当の味が出るのだとか申しますが、そんなものかも知れませんよ。この齢になれば、曲りなりにも自分の了簡も据り世の中の事も解っているといった勘定ですから、いくら洒落っ気の奴でも、そうそう上調子に遣っちゃいられるものじゃありません、其処は何となく深厚として来るのが人情ですわ。こうなれば、貴方、十人が九人までは滅多に気が移るの、心が変るのというような事はありは致しません。あの「赤い切掛け島田の中は」という唄の文句の通り、惚れた、好いたといっても、若い内はどうしたって心が一人前になっていないのですから、猶且それだけで、為方のないものです。と言って、お婆さんになってから、やいのやいの言われた日には、殿方は御難ですね。―『新続金色夜叉』

   豹子頭 アラサーにして 未だ底惚れを知らず

なんだか、タイトルと内容があってないけど、ま、いっか。